バリトンとコントラバスのユニット

4月28日(金)20時スタート
四谷三丁目 茶会記
近藤直司(bs、ts)、永田利樹(contrabass)、瀬尾高志(contrabass)
クラシックやジャズの名曲を素材にした演奏です。
アコースティックな響きをお楽しみに。
今回は、バルトークのミクロコスモスから数曲をセレクトします。
スポンサーサイト

インプロ・ジャムやります

4月9日(日)19:00~
会場は阿佐ヶ谷 yellow vision
表現方法は何でもアリ
事前の打ち合わせもなし
当日、お出でくださった皆さんと、何かしらを創ろうというセッションです

3月25日 近藤、永田、瀬尾ユニット

2台のコントラバスとバリトンサックスの重低音ユニットです。
2016年にCD、LPを製作しました。

3月25日(土)20:00開演
横浜「エアジン」

クラシック現代やフリージャズの名曲を素材にした、美しく、力強く、自由な演奏です。
ぜひ、お出かけください。

昼下がりのインプロ

1月15日(日)14:00開演
会場:中野Sweet Rain
出演:近藤直司(baritone/tenor sax)、永田利樹(contrabass)、池澤龍作(drums)
料金:投げ銭

この3人は初顔合わせです。
きっとスリリングな演奏になるでしょう。

近藤、永田、瀬尾ユニット

1月23日(月) 20時開演
会場:茶会記(四谷三丁目)
出演:永田利樹(contrabass)、瀬尾高志(contrabass)、近藤直司(baritone/tenor sax)

2016年にCD、LPを制作したユニットです。
2台のコントラバスとバリトンサックスの紡ぎ出す重厚な音は必聴です。

追記:たくさんの方々にお出でいただき、まことにありがとうございました。
    次回、茶会記では4月28日(金)に演奏します。
    このユニットの音にぴったりのお店です。

続きを読む

プロフィール

naoji kondo

Author:naoji kondo
近藤直司(ts,bs)

1962年、東京都出身。1980年頃より、のなか悟空(ds)、川下直広(ts)らによる新宿中央公園での路上演奏に参加。

1984年、不破大輔(b)、大沼志朗(ds)とトリオを結成し、1986年、「ライブ・アット・タルホ」(タルホ・ファーム)を制作。

1985年から「のなか悟空&人間国宝」のメンバーとして活動。おもな活動歴は以下。
JOLLY(チョコレート・シティ、1989)
DULL(トランジスター・レコード、1991)
DUMP(タルホ・ファーム、1992)
OVER DRIVE(地底レコード、1997)
1998年ロシア、サンクト・ペテルスブルグ、セルゲイ・クリューヒン国際音楽祭
1999年ドイツ、メルス・ジャズ祭

2008年4月、原田依幸(p)が主催する「大怪物団」のメンバーとして韓国ツアーに参加。
2009年10月、原田とのデュオでロシア、リトアニアをツアー。リトアニアではVilnius Jazz 2009に出演。

2014年8月、原田、瀬尾高志(b)、小山彰太(ds)、近藤から成る「魚群探知機」で北海道ツアー。

2016年5月、永田利樹(b)、瀬尾高志(b)とのトリオで、CD「petite fleur」、LP「desireless」を発表。(写真はモスクワDOM)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR