西日本ツアー

大分ネイマ

名古屋では、悟空がシンバルをスタンドごと客席に投げつけようとしているところを竜巻太郎が羽交い絞めにして曲が終わりました。客席は大喝采でしたが、竜巻の即興性はスゲー!京都では土居くんとの再会が最高に嬉しかったし、同志社大学の若者たちとの共演も楽しかった。香川は叔父様たちとの共演で、随所に良い場面がありました。地域の文化を盛り上げるべく、ますます頑張ってください。広島での大槻さん、梶山シュウさん、マツザッキンとの共演は最高でした。アビエルトの中山さんに感謝。また演ろう!九州入りしてからは谷本さん・ワタルさんとのカルテットを核に、博多、北九州、大分で演らせていただきました。スペース・テラとデルソルに感謝。デルソルがい~っつも楽しいのは何故でしょう?写真は大分ネイマ。最高の夜でした。この写真の左手に悟空のお姉さま御一行、右手に近藤の叔母と従兄弟らがおりまして、さながら授業参観のようでした。共演者とお客さんに盛り上げてもらった良きツアーでした。皆さんに感謝!このツアー、来年もやりたい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来年も、行きます

大分の写真、格好いい〜。ワタルさんがあの帽子を被っていますね。
あ〜返す返すも、ネイマに行けなかった事が心残りです。
また、DELSOLでの演奏楽しみに待っています。
プロフィール

naoji kondo

Author:naoji kondo
近藤直司(ts,bs)

1962年、東京都出身。1980年頃より、のなか悟空(ds)、川下直広(ts)らによる新宿中央公園での路上演奏に参加。

1984年、不破大輔(b)、大沼志朗(ds)とトリオを結成し、1986年、「ライブ・アット・タルホ」(タルホ・ファーム)を制作。

1985年から「のなか悟空&人間国宝」のメンバーとして活動。おもな活動歴は以下。
JOLLY(チョコレート・シティ、1989)
DULL(トランジスター・レコード、1991)
DUMP(タルホ・ファーム、1992)
OVER DRIVE(地底レコード、1997)
1998年ロシア、サンクト・ペテルスブルグ、セルゲイ・クリューヒン国際音楽祭
1999年ドイツ、メルス・ジャズ祭

2008年4月、原田依幸(p)が主催する「大怪物団」のメンバーとして韓国ツアーに参加。
2009年10月、原田とのデュオでロシア、リトアニアをツアー。リトアニアではVilnius Jazz 2009に出演。

2014年8月、原田、瀬尾高志(b)、小山彰太(ds)、近藤から成る「魚群探知機」で北海道ツアー。

2016年5月、永田利樹(b)、瀬尾高志(b)とのトリオで、CD「petite fleur」、LP「desireless」を発表。

2017年、「のなか悟空&人間国宝@てしゃまんく音楽祭」を製作
(写真はモスクワDOM)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR