スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中啓文著「聴いたら危険!ジャズ入門」

田中啓文著「聴いたら危険!ジャズ入門」アスキー新書、743円

旧友、田中啓文さんがジャズ(とくにフリージャズ・インプロ)に関する本を出版されました。「のなか悟空&人間国宝」のことも取り上げてくださっています。ありがたいことです(涙)。その昔、ぼくが不破大輔氏、大沼志朗氏と作ったレコード(まだ世の中にCDというものがなかった頃)のことも紹介してくださっています。

このレコードのことは、ぼくの知る限り何人かの方が書いてくださっています。こういうのって、何か方法を考えて再発したりすると良いのでしょうかね?
http://blog.livedoor.jp/imq/archives/52260625.html
http://www004.upp.so-net.ne.jp/fuetako/cd/kondo.html
http://bldg2010.exblog.jp/tags/%E8%BF%91%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%8F%B8/

田中さんが新著で触れてくださった「Over Drive」もAmazonでは高値みたいなので、こういうのも何か考えた方がいいんでしょうかね~?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

近藤さま

20年程前になりますが、代々木チョコレートシティや旧ピットイン?へ
ライヴを聴きにいっていました。

>こういうのって、何か方法を考えて再発したりすると良いのでしょうかね?

レコードではないですが、CDの音源を探したりします。
ディスクユニオンとかで並んでたら買います!

bldg2010.exblog.jp で書かせてもらいましたが、
熱くなったリスナーは聴きたいと思っているんじゃないでしょうか。
今の若い子達にも聴くファンがいっぱいいるような気がします。

しつれいします。

No title

ご助言、どうもありがとうございます。また、かつてのレコードや演奏のことをあんなふうに取り上げていただき、大感謝です。モチベーションが上がりました。
プロフィール

naoji kondo

Author:naoji kondo
近藤直司(ts,bs)

1962年、東京都出身。1980年頃より、のなか悟空(ds)、川下直広(ts)らによる新宿中央公園での路上演奏に参加。

1984年、不破大輔(b)、大沼志朗(ds)とトリオを結成し、1986年、「ライブ・アット・タルホ」(タルホ・ファーム)を制作。

1985年から「のなか悟空&人間国宝」のメンバーとして活動。おもな活動歴は以下。
JOLLY(チョコレート・シティ、1989)
DULL(トランジスター・レコード、1991)
DUMP(タルホ・ファーム、1992)
OVER DRIVE(地底レコード、1997)
1998年ロシア、サンクト・ペテルスブルグ、セルゲイ・クリューヒン国際音楽祭
1999年ドイツ、メルス・ジャズ祭

2008年4月、原田依幸(p)が主催する「大怪物団」のメンバーとして韓国ツアーに参加。
2009年10月、原田とのデュオでロシア、リトアニアをツアー。リトアニアではVilnius Jazz 2009に出演。

2014年8月、原田、瀬尾高志(b)、小山彰太(ds)、近藤から成る「魚群探知機」で北海道ツアー。

2016年5月、永田利樹(b)、瀬尾高志(b)とのトリオで、CD「petite fleur」、LP「desireless」を発表。

2017年、「のなか悟空&人間国宝@てしゃまんく音楽祭」を製作
(写真はモスクワDOM)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。