D-1ドラム選手権

主催:のなか悟空
http://homepage2.nifty.com/nonakagoku/goku/

3月31日 予選「なってるハウス」
 この日は審査員、責任重大! 

追記:たくさんのお客さん、ありがとう!副島さんの体調不良やらいろいろあって、審査員は悟空、原田依幸氏、近藤の3名でした。熱戦つづきだったので、審査員も奏者と同じくらい緊張しました。素晴らしいドラム・バトルをたくさん聴かせてもらいました。来週は本選!


4月8日 本選「ピットイン」
 この日は、決勝の前後で、竜巻太郎(第1回優勝者)とマサト(第2回優勝者)にジンコクが共演するらしい。こういうのって、スケートの世界大会でいうところの「エキシビジョン」みたいなもん?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
頻繁にライブ活動なさっているのですね。
以前の記事を見させて頂きましたが、時々小岩でライブをやられてるんですね。
結婚して、マスターが亡くなる前から、「おーむ」には行ってなかったので、常連の皆さんが、とても懐かしいです。
私は、上京して小岩に2年ほど住んでいて、ヒロシちゃんには本当に可愛がってもらいました。
三鷹台のアパートに一人暮らしをしていた頃、野中さんのバンドを初めておーむで聴いて、そのあと千葉の農家でのライブは、本当に楽しかったです。
いつか、小岩でまたライブをやる時に、行けたら嬉しいです。

度々。^^;

度々ごめんなさい。

先日、コメント下さって、私も記憶が欠落してしまって、山辺くんって、どうしても思い出せなくて…

いま思い出しました。山辺くん。

懐かしいなぁ。

No title

山辺くんはヒロシちゃんが酔った後に営業を仕切っていた人です。何の分野だったか研究者の卵で、温厚な人でした。きっと研究者になっているでしょう。人間国保は年に1回、小岩で演奏しています。当時のお仲間も集まります。ぜひ、どうぞ!

返信ありがとうございます。
小岩、是非行きたいです。
でも、マスターのお通夜以来、みんなに会ってないので、忘れられているかも。

YouTubeで、旭川での動画もありましたが、息子はいま旭川の大学に行っていて、私も時々行くことがあります。

また、北海道で演奏をされるときは、是非行きたいです。

プロフィール

naoji kondo

Author:naoji kondo
近藤直司(ts,bs)

1962年、東京都出身。1980年頃より、のなか悟空(ds)、川下直広(ts)らによる新宿中央公園での路上演奏に参加。

1984年、不破大輔(b)、大沼志朗(ds)とトリオを結成し、1986年、「ライブ・アット・タルホ」(タルホ・ファーム)を制作。

1985年から「のなか悟空&人間国宝」のメンバーとして活動。おもな活動歴は以下。
JOLLY(チョコレート・シティ、1989)
DULL(トランジスター・レコード、1991)
DUMP(タルホ・ファーム、1992)
OVER DRIVE(地底レコード、1997)
1998年ロシア、サンクト・ペテルスブルグ、セルゲイ・クリューヒン国際音楽祭
1999年ドイツ、メルス・ジャズ祭

2008年4月、原田依幸(p)が主催する「大怪物団」のメンバーとして韓国ツアーに参加。
2009年10月、原田とのデュオでロシア、リトアニアをツアー。リトアニアではVilnius Jazz 2009に出演。

2014年8月、原田、瀬尾高志(b)、小山彰太(ds)、近藤から成る「魚群探知機」で北海道ツアー。

2016年5月、永田利樹(b)、瀬尾高志(b)とのトリオで、CD「petite fleur」、LP「desireless」を発表。

2017年、「のなか悟空&人間国宝@てしゃまんく音楽祭」を製作
(写真はモスクワDOM)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR